ネプラス工法

時代の要請に応えた
革新的な側溝修繕工事システム

メリットをもたらす新工法


「社会資本の整備・維持を環境と調和させながら、できる限り低コストで行っていく。」これは、これからの国や地方自治体が果たしていかなければならない大きな課題です。「ネプラス工法」は側溝修繕工事に革命をもたらした新技術。いま、道路側溝の修繕に威力を発揮している注目のシステムです。

道路の破損は、車輌交通の増大に伴って、年々増加しています。中でも道路側溝の上部の破損は、段差による転倒事故、車輌通行時の騒音・振動などで、地域住民の生活環境を悪化させています。

「ネプラス工法」は側溝全部を取り替える今までのやり方を一新。傷んだ側溝の上部のみを切断して修繕する、合理的な工法です。環境にやさしく、コストを低減、省資源・省エネ、工事期間の短縮など、数々のメリットをもたらします。

地域環境の整備に多くのメリットをもつその技術を全国に


2014年6月「ネプラス工法全国会」として新たにスタート

2005年、「ネプラス工法」は、新潟県内にて初めて公道での施工を行い、その後も多くの地域で採用していただきました。その結果、現在では高速道路や国道、県・市町村道等、様々な箇所で採用していただきました。工事期間が従来よりも大幅に短縮でき交通規制期間が短く、交通規制による社会的損失削減に大きく貢献できることや、構造物が接近した箇所でも容易に施工できる点等で高い評価をいただいております。そこで「ネプラス工法」を全国に提供するため、これまでの「ネプラス工法研究会」の組織を改め、新たに「ネプラス工法全国会」としてパートナー企業を募り全国各地での技術提供を行っていきます。

特許をはじめ、各種制度に登録されています。

「ネプラス工法」は特許の取得、国土交通省のNETIS、新潟県の新技術活用制度であるMade in 新潟に登録されています。当会は国より認められたこの新しい工法を、今後、日本全国に普及させ、大切な社会資本である道路の整備に有効に活用していただきたいと願っています。

「1日で直せる方法はないか」
その問いかけからスタートした側溝修繕工法の開発


開発はふとしたきっかけから生まれます。
社会に存在する悩みや問題を解決する技術の開発が大きなターニングポイントになりました。

「ネプラス工法」の開発は、ある自治体の職員がもらした一言から始まりました。「交通規制を伴う側溝の修繕工事は、期間が長いと住民からクレームが出る。1日で直せる方法はないか…」
従来の、側溝をすべて取り替える方法では、周囲を掘り返し、既存の側溝を撤去して新しい側溝を据付けるために無駄があります。この現状を打破すべく、新しい側溝修繕工法の開発がスタートしました。傷んだ部分だけを取り替えることができれば、工事期間は短縮され、廃棄物は削減、材料も少なくてすみます。

しかし、それには、側溝を横方向に切断しなければなりません。そこで、いままでにない側溝の横方向切断機、サイドカッティングマシンを開発しました。これにより「ネプラス工法」という新しい側溝修繕方法が誕生しました。

※ネプラスサイドカッティングマシンは、(財)にいがた産業創造機構(NICO)より、新潟県わざづくり支援補助金を得て開発いたしました。

第12回国土技術開発省
「地域貢献技術賞」受賞

「国土技術開発賞」は、国と社会が要請する新しい建設産業における新技術開発を総合的、効果的に行うとともにその活用に向けた普及を推進するため、建築産業における優れた新技術及びその開発に貢献された技術開発者を対象に表彰する事業です。「側溝上部改修工法(ネプラス工法)」は、独自の建設技術の活用・応用を通じて、地域の課題解決に貢献した技術を表彰する「地域貢献技術賞」を受賞。

民家等の構造物が接近する箇所でも、容易な施工が可能となり、付近住民に対する影響も最小限に抑えることができるようになった点が評価されました。

  • NETIS 国土交通省 新技術情報提供システム
    登録番号 HR-060021-V 平成24年度活用促進技術
  • Made in 新潟 新技術活用制度
    登録番号 18D1002
    平成23年度 Made in 新潟 プラチナ技術
  • 第12回 国土技術開発賞「地域貢献技術賞」受賞

施工実績


宮城県仙台市宮城野区扇町地内
宮城県黒川郡大和町地内